Famm無料撮影会のご案内|3万円相当のプロカメラマン撮影が無料

【レシピ付き】髪の毛に良い栄養素とは?|産後の抜け毛などヘアトラブル対策

産後、髪のお悩みを抱えるママはとても多いようですね。

  1. 抜け毛が増えた
  2. 白髪が増えた
  3. アホ毛が目立つ
  4. 髪にコシがなくなった
  5. パサつきが気になる

などのトラブルです。当てはまるものはございますか?

産後のヘアトラブル、いつまで?については「産後の抜け毛いつまで続くの?原因は?対策方法は?」の記事をご覧ください。

産後、体力も落ち、赤ちゃんのお世話で忙しいママは、十分に栄養をとれていない事もヘアトラブルの原因だと考えられます。

今回は産後ママにおすすめ。髪に良い栄養素、レシピをご紹介させていただきます。

髪に良い栄養素とは?

アミノ酸

たんぱく質の構成成分で、20種類のアミノ酸が存在します。

20種類のうち、体内で充分に合成されず、食事から摂取しなければいけないものが9種類あり、必須アミノ酸と呼ばれます。

アミノ酸にはそれぞれ特徴的な働きがあり、成長や代謝の促進、肝機能の強化など、体内で重要な働きをしています。

アミノ酸を多く含む食材
豚肉・米・じゃがいも・たまご・牛乳・大豆・トマト・りんご

ミネラル(亜鉛 他)

体の機能を維持するために必要な微量栄養素で、体内で充分に合成することができないため、食事からの摂取が必要です。

体内に含まれる量がわずかで、摂取も少量で良いことから、過不足により健康障害を起こす場合があります。

亜鉛を多く含む食材
牡蠣・豚レバー・牛肉・たまご

L-システイン

アミノ酸の1つで、皮膚や髪、爪などの構成成分です。

必要量を全て食事から摂取するのは難しいですが、体内で合成することができ、L-システインを多く含む食材を摂ることによって合成を促します。

L-システインを多く含む食材
牛肉・豚肉・ブロッコリー・にんにく

イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。

イソフラボンを摂取することで新陳代謝が良くなり、老化防止に効果があります。

さらに、更年期症状の予防や緩和、骨粗鬆症の予防に効果があるといわれています。

イソフラボンを多く含む食材
大豆

ビタミンC

たんぱく質の一種であるコラーゲンの合成に関与します。

強い抗酸化作用があり、ビタミンEと一緒に摂ることで相乗効果があるとされています。

また、ホルモンの合成や、鉄の吸収促進、メラニン色素の沈着防止に効果があります。

ビタミンCを多く含む食材
赤ピーマン・ゆず・レモン・ケール

ビタミンE

強い抗酸化作用により、過酸化脂質ができるのを防ぎ、細胞の老化防止に働きます。

また、毛細血管を広げ、血行を良くする働きもあります。

ビタミンAやビタミCと一緒に摂ると抗酸化作用がさらにアップします。

ビタミンEを多く含む食材
モロヘイヤ・オリーブ・大根・かぼちゃ

艶髪を取り戻すために、気をつけたい食生活

妊娠前の綺麗な髪に戻りたいですか?

健康な髪を保つためには、髪を作り出す頭皮のケアが大切だと言われています。

ジャンクフード、脂っこい食事はNG。頭皮に油をためやすくなります。

調理の際油の量には気をつけ、ジャンクフードなどの食事はできるだけ抑えるよう気をつけましょう。

髪に良いおすすめレシピ

ブロッコリーとパプリカの中華風卵あんかけ

ブロッコリーとパプリカの中華風卵あんかけ

材料

  • ブロッコリー  1房(大きいものであれば1/2)
  • パプリカ    1/2個
  • にんにく    1片
  • ごま油     大さじ1
  • 塩コショウ   小さじ1/3
  • 卵       1個
  • 水       150cc
  • 鶏ガラ     小さじ1
  • 塩       少々
  • 水溶き片栗粉  (水大さじ1+片栗粉大さじ1/2弱)

作り方

  1. ブロッコリーを小房に分け、パプリカは細切りに、にんにくは薄切りにします。
  2. 耐熱皿にブロッコリーを並べ、少量の水を回しかけ、ラップをし600wで1分30秒〜2分程チンします。(後ほど炒めるので、硬めで大丈夫です。)
  3. フライパンにごま油とにんにくを火にかけ、香りがたってきたらパプリカを入れ炒めます。
  4. パプリカに少し焼き色がついてきたら、ブロッコリーを入れ、焼き色がつくまで炒め、塩コショウで味付けします。

卵あんかけを作ります。

  1. 卵を溶いておきます。
  2. 鍋にAを入れ火にかけます。
  3. 沸騰したら火を止め、水溶き片栗粉を少しずつ入れます。
  4. とろみがついてきたら、もう一度火をつけ、卵を回し入れます。
  5. しばらくそのままで、卵が固まり出したところで、箸などで軽くかき混ぜます。
  6. 卵に火が通ったら火を止め、お皿に炒めたブロッコリーとパプリカを盛り付け、卵あんかけをかけたら出来上がりです。
 

野菜をたっぷり摂ることができるヘルシーメニューです。

さらに、卵に含まれるたんぱく質は、アミノ酸のバランスが良く、積極的に取り入れて頂きたい食材です。

にんにくの風味が食欲をそそり、ご飯にも合います。

豚肉や鶏肉を入れると、ボリュームのあるメインおかずになりますよ。

超簡単!豆乳とかぼちゃのポタージュ

超簡単!豆乳とかぼちゃのポタージュ

材料

  • 豆乳        400cc
  • かぼちゃ      200g
  • 塩         小さじ1/2
  • 粉チーズ                小さじ1
  • コンソメ      少々
  • パセリ       お好みで

作り方

  1. かぼちゃはワタを取り、皮を剥き、一口大に切ります。
  2. 耐熱皿にかぼちゃを並べ、水を大さじ4程回しかけ、600wで4分程チンします。(柔らかめに火を通した方が潰しやすいです。水の量や電子レンジの時間は調整してください。)
  3. かぼちゃに火が通ったら、熱いうちにフォークなどでよく潰します。(ここでよく潰しておくことで時短になります。)
  4. 鍋に豆乳と潰したかぼちゃを入れ、火にかけます。(沸騰すると溢れてくるので注意しましょう。)
  5. かぼちゃを崩すように混ぜ、混ざってきたら塩、粉チーズ、コンソメを入れます。
  6. 器に盛り、お好みでパセリを散らしたら出来上がりです。

※かぼちゃの甘さか足りなければ、砂糖などで調整してください。

※かぼちゃのつぶつぶが気になる方は、ハンドブレンダーなどで混ぜると、サラサラになります。

 

子育て中の忙しいママでも、簡単に作れるスープをご提案したと思い、考案したのが今回のポタージュです。

豆乳を使用することで、たんぱく質やイソフラボンを摂ることができ、かぼちゃのビタミンも溶けだした栄養豊富なポタージュです。

かぼちゃのつぶつぶを残すことで、満腹感も得られ、ダイエット中にもおすすめです。

食べ物は綺麗な髪を作るキーワード

女性にとって、抜け毛や白髪などの髪トラブルは悩みの1つになりますよね。

私も産後、抜け毛と白髪が増えたことに衝撃を受けました。

ママになっても、いつまでも綺麗な髪でいたいと思いますよね。

毎日子育てに追われて、美容室に行ったり、トリートメントをしたりなかなかできないと思いますが、今回ご紹介したように、食事によって髪のケアをすることができます。

髪に良いものを食べたらすぐ髪が綺麗になるということではありませんが、綺麗な髪を保つためには栄養が必要不可欠です。

髪に良い栄養素を含む食材は、身近なものが多いので、ぜひ普段の食事に取り入れて、髪のトラブルを改善しましょう。

あわせて読みたい

→産後の抜け毛対策に、haruオーガニックシャンプーがおすすめです。レビュー記事「【口コミ】haru黒髪|30代産後のヘアケア、初スカルプシャンプー体験」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です