【在宅・転職】子供との時間を大切にしたくて仕事を辞めた私の体験談

  • 今だけしかない子供との時間をもっと大切にしたい
  • 仕事に復職するべきか悩んでいる
  • フルタイムに変更したら寝ている顔しか見られなくなった

子供を持ち、働くということは、その分子供との時間を削らなければならないことになりますよね?

お金を稼ぐか、子供との時間を作るか。

ママにとっても、パパにとっても、誰しもが感じる悩みだと思います。

今回は、そんな悩みを持つパパママのために、子供との時間を大切にしたくて、仕事を辞めた。私の体験談をお話ししたいと思います。

私が仕事を辞めたワケ

育休明け、仕事に復帰をすると、以前とは違う働きにくさを感じるようになりました。

  • 子供の熱で急にお休みをもらうことも多い
  • 同僚に理解してもらうのが難しい
  • 子供を持たない同僚に気を使う
  • 仕事内容が雑用になった

などです。

仕事内容の件は、意地悪をされているわけではなく、会社側はむしろ良かれと思ってしてくださっているのだと思います。

ですが、働く本人としては「期待してもらえなくなった。」ことがとてもショックでした。

一度派遣社員を経てフリーランスへ

まず、1度目の退職後は時短派遣社員へ転職をしました。

その後、直接契約してくださる会社が見つかり、フリーランスへ転身します。

どちらもメリット、デメリットがある働き方でしたが、正社員で遅くまで働き、子供との時間もない。子育てに理解も得られない悶々としていた時期よりは、とても私らしく働くことができていると感じます。

時短勤務派遣社員|メリットデメリット

派遣社員と聞くと、あまり良いイメージのない方もいらっしゃるでしょうか?

私は3つの企業に勤めさせていただきましたが、正社員だから。派遣社員だから。という差別を受けることはなく。

仕事のパートナーとしてとても尊重していただきました。

メリット

  • 残業がない仕事を選ぶことができる
  • 時短も選べる
  • 3歳を超えても時短でOK
  • 急なお休みに融通の利く仕事も多い
  • 子育てに理解のある職場を紹介してくれる
  • 時給が良い
  • 有給も取れる
  • 条件を満たせば育児休業も取得できる

子育てママに嬉しいメリットがこんなにあるんです。ご存知でしたか?

特に子育てママに優しい制度が充実している派遣会社をご紹介していますのでご覧になってみてください。

私のおすすめは私が所属していたリクルートスタッフィング です。

福利厚生も充実しており、健康診断もきちんと受けさせてくれました。育休も取得できました。どんな風に働きたいのか。あなたの働くスタイルを尊重してくれますよ。ぜひ登録してみてください。

派遣社員子育て中時短派遣、子育てママのブログ|子持ち主婦の賢い働き方

ママが働きやすい求人を掲載しているサイト一覧

育休取得実績多数・時短勤務・ママに理解のある会社はたくさんあります。

以下の求人サイトではママ向けのお仕事を多数掲載しておりますので、ご覧になってみてください。

お仕事探しは情報が勝負!私の場合、5つのサイトに登録することで、より良い求人を見つけることに成功しました。

はたらこねっと

リクルートスタッフィング 

マイナビスタッフ

テンプスタッフ

マンパワーグループ

デメリット

  • ボーナスがない
  • 交通費が出ない
  • PCスキルを求められる

どの派遣会社に所属してもボーナスと交通費は基本出ません。

その代わり、時給が高い。という印象です。

オフィスワークの紹介が多いので、PCスキルを求められることも多いと思います。

基本的にはエクセル、ワードを触ったことがある程度でOKですが、自信のない方はスキルサポートのある派遣会社を選ぶと良いかと思います。

リクルートスタッフィング では、eラーニング、研修が充実しており、各種スクールの割引を受けることもできました。

派遣社員子育て中時短派遣、子育てママのブログ|子持ち主婦の賢い働き方

東京都が行なっている就業サポートもおすすめ

実は東京都が託児付きの就業サポート講座を用意してくれています。

全て無料。

実際の企業での研修なども行われるため、スキルに自信のない方も安心して就業に向かえるとの評判です。


東京都が実施、完全無料、託児付き

新しいスキルを手にいれる

在宅フリーランス|メリットデメリット

会社勤めをしていると、在宅ワーク、リモートワークに憧れる時もありますよね。

通勤にかける時間をもったいないと感じることもあります。

実際の在宅ワークはどうなのか?私の経験をお伝えしたいと思います。

在宅フリーランスのメリット

  • 通勤がない
  • 何かあった時にすぐお迎えに行ける
  • 早くお迎えに行ける
  • 子供との時間も、働く時間も確保しやすい

在宅ワークになって、一番良かったと感じる点は、すぐにお迎えに行けることです。

また、今年も夏の豪雨災害などがありましたが、そのような心配な時でも何かあればすぐに駆けつけられるという安心感は通勤している時には得られないものでした。

また、子供が熱を出した時も、3歳の長男であれば自宅で介護しながら空き時間に看護することも可能に。

できるだけお休みを取るようにはしていますが、看護休暇が続いてしまった時に臨機応変に対応できるところがありがたいです。

在宅フリーランスのデメリット

  • 求人が少ない
  • 自分で自分を売り込む必要がある
  • 事業主なので責任は重い
  • 収入が不安定
  • 有給はない
  • 孤独

デメリットとして大きな点は孤独。

そして仕事の不安定さ。

固定のクライアントと契約できている自分はあまり不安定さを感じることはありませんが、1案件ごとに受注するスタイルのフリーランサーは月収がかなり不安定となるようです。

そういった部分で、営業力も必要になってくると思います。

が、今はクラウドソーシングというマッチングサイトが多数存在。

これらを利用すると、簡単に仕事を見つけることができます。

ただし、単価が安くなりがちなのでポートフォリオなど自分の武器をしっかり相手に伝えられるように準備は大切かと思います。

クラウドテックでフリーランス案件を検索

在宅派遣・在宅社員という選択もあります

私の場合は、在宅フリーランスという働き方を選びましたが、

  • 営業はしたくない
  • 勤めながら在宅で働きたい
  • 在宅の派遣社員ってないの?

おすすめ在宅ワーク求人サイト

はたらこねっと

CMでも有名な求人サイト。在宅ワーク求人情報も豊富に揃っています。

ママワークス

ママ向けの求人サイト。働く時間と場所を自由に選べる。がコンセプトのサイトです。

リワーカー

在宅ワークを専門に扱っている求人サイトです。IT系案件多め。

 

こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

ママの在宅ワーク、メリットデメリット|リモートワーク求人の探し方

在宅ワークの技術を持っていない。という方には

在宅ワーク案件のメインはIT系です。

私の場合、派遣で入社した会社でWEBマーケティングの技術を習得し、そのままフリーランスになりました。

が、なかなかそんな好条件に恵まれることも少ないと思います。

最近は、育休中にITスキルを取得して、育休明けに再出発。という方も増えているようです。

託児付きのスクールもありますので要チェックしてみてください。

一緒に頑張る仲間に出会える

子供と過ごす時間も大切にしたいから

新しい働き方を検討してみてはいかがでしょうか?

子供との時間を大切にしたい。でもお金は稼がないと。

共通の悩みを持つパパママは多いのではないかな?

と感じ、今回はこのような記事を書かせていただきました。

今の仕事にこだわる必要はありますか?正社員にこだわる必要はありますか?

あとで後悔しても、今の子供との生活を取り戻すことはできません。

今、自分の働き方に疑問を持っているのであれば、まずは行動を起こしてみてください。

きっとあなたにぴったりの働き方を見つけることができると思いますよ。

合わせて読みたい

育休復帰不安なママへ|先輩ワーママがおすすめサービスをご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です