【男性拒否】彼が妊活に非協力的|男性視点で解決策を考えてみた

夫婦喧嘩

  • なかなか彼が妊活に協力してくれない
  • 夫婦関係を拒否される
  • 前向きに取り組んでもらうにはどうしたら良いだろう?

そんなお悩みをお持ちの方に、今回は男性視点で解決策を探っていけたらと思っています。

何か一つでも、相手の気持ちを理解できる糸口として、参考になれば幸いです。

彼が妊活に非協力的|拒否パターンを男性視点で考える

不妊症…

この言葉は近年、ドラマで描かれたり、ニュースで取り上げられる機会が多くなり、

よく耳にするようになりました。

カップルの10~15%は不妊と言われています。100組に10~15組。これまで話題にならなかったことが不思議なくらい確率が高いですよね。

「不妊症の半数は男性側にある」と言われています。

でも、男性が妊活に協力してくれないのはなぜでしょうか?

また、不妊の不安がないご家庭でも、男性拒否のセ◯クスレスが増加傾向にあるそうです。女性の「子供が欲しい」という気持ちと、男性の考えが一致しないために夫婦の危機に発展することも。

男性の視点で少し考えてみたいと思います。

タイミングの日「忙しい、疲れてる、また明日にして」

女性は妊娠しやすい時期を病院やネット、本などで調べ、身体を冷やさないようにし、お酒を控え、生理周期、排卵日を毎日メモして把握して万全の体制で挑んでますよね?

でも男性からは心無い返答。これは辛いですよね。

男性側の意見を想像してみますと、

  • 仕事が忙しくて本当に疲れている
  • プレッシャーを感じている
  • 夫婦の営みを子が欲しいための行為にしたくない
  • 「いつか自然と妊娠できる」と楽観的

というものが挙げられます。後ほど詳しく書きますが、男性には今絶対に子供が欲しい。という気持ちが足りないのだと考えられます。

病院への付き添い

妊活を始めると、タイミングを見る方も多いかと思います。女性は休みの日や仕事を休んだりして病院に通いますよね?

でも男性は自分の検査でさえ、嫌な顔をする方も中にはいらっしゃるようです。

女性は色んなことを犠牲にして妊活に取り組んでいるのに、男性は検査さえも一緒に行ってくれない。

これも辛いですよね。

  • 不妊症は男性にも原因があることを知らない人が多い。
  • 女性ばかりの病院へ行くのが恥ずかしい
  • もし検査をして自分(男性)が原因だったら怖いと思っている。

原因が自分にあるという現実を突き付けられると、男性は女性より立ち直りにくいように思います。

彼にも心の準備が必要かもしれません。

とりあえず、彼の出番が必要のない間は付き添いを無理に頼む必要はないのではないでしょうか?

サプリメントでさえ飲んでもらえない

  • なかなか赤ちゃんが来てくれない
  • 体質改善が必要かもしれない
  • リセットばかりで悩んでいる

妊活中の体質改善用に、マカ、亜鉛、ルイボスなどの栄養素を含んだサプリメントがたくさん発売されています。

こういったものを試してみたい。と感じる女性も多いようですね。

しかし、妊活に前向きでない男性に飲んでもらうのは至難の技。

嫌がる男性が何を考えているのか?

男のメンツ、プライド、威厳…。

女性には想像しにくい理由かもしれません。

どうして協力してくれないの?

女性は仕事や生活のこと。自分を犠牲にして妊活に挑むのに、なぜ夫は協力してくれないの?と疑問に思いますよね。

結論を先にお伝えすると、

男性は女性ほど子供を欲しいと思っている人は少数派だ。というところに認識のズレがあると思われます。

男性の気持ちを少し代弁したいと思います。

まだ子供を欲しいという気持ちがない、

最近はイクメンという言葉が定着し、子育てに協力的な男性は増えてきている印象です。

全体的にみると、家事も育児も妊活も、昔の男性よりは協力的になってきていると思います。

でも非協力的な男性がゼロになったわけではありません。

そして、そもそも男性は自ら子供が欲しいとは思っていない場合が多いでしょう。

協力的な男性であったとしても、女性が欲しいと言っているから、「彼女をママにしてあげたい」「願いを叶えてあげたい」と考えている人が多いのです。

非協力的な男性の考えとしては、

  • まだ夫婦だけの生活を楽しみたい
  • 妻を母親ではなく女性として見続けたい
  • このまま子供を持たなくても十分幸せだ

という思いがあるのだろうと想像できます。

男性拒否セ◯クスレスの解決法

  • 妊活を話題に出さない
  • 心変わりを匂わせる
  • 雰囲気を演出する

妊活を話題に出さない

妊活を始めたときから女性は男性に様々なことを求めると思います。

仕事から早く帰って来て、飲み会に行かないで、病院に一緒に行って…

これを求めるのは当然なのですが、男性には意外とプレッシャーとなっていることが多々あります。

プレッシャーを感じているとなかなか前向きになることができません。

なので、一旦妊活の話を止めて、リフレッシュすることが大切ですね。

心変わりをちらつかせる

男性って自分勝手で男性は浮気をしても、女性は絶対浮気をしないと思ってる人が多いです。

そして、女性が浮気をするというダメージは計り知れません。

自分のものだと思っていた女性を他の男性に取られてしまうかも。

となれば、彼の態度に変化があるかもしれませんよ。

雰囲気を演出する

男性は雰囲気を大切にします。

自宅でバラエティー番組を大笑いしてみているところで

「さぁ今日は排卵日ですよ!」

と言われても、全くやる気が起こりません。

雰囲気を演出してみましょう。

こんなことは逆効果〜やってはいけない対処法

  • 話し合いを求める
  • 色気を出そうと努力する
  • 他の家と比べて協力を求める

話し合いを求める

女性は話し合いをする生き物ですが、男性はそれを嫌う傾向にあります。

真面目な話をはぐらかされること、ありませんか?

余計に深刻化するため話し合いを求めるのはやめましょう。

色気を出そうと努力する

「彼から拒否される」という相談をすると、女性は「色気を出せばいい。下着を刺激的なものに」などの考えを持ちがちです。

が、プレッシャーになるだけなのでやめましょう。

他の家と比べて協力を求める

男性は他の男性と比較されることを嫌います。

比較されることで、より非協力的となってしまう可能性が高いです。

夫婦のことは人それぞれ。他の家庭と比べて考えるのはやめましょう。

さらに詳しく私が実践した解決方法を記事に書かせていただきました。こちらもご覧になってみてください。

【ブログで公開】2人目レスに悩む女性におすすめしたい解消法10選

上手に雰囲気を出す方法

下着で色気を出してはいけない?じゃあどうやって雰囲気を出せばいいの?

を解説していきますね。

香りで誘う

直接的な表現をすると男性はプレッシャーに感じてしまいます。

リラックスしたり、気持ちを高ぶらせたり、香りには人を動かす効果があります。

LCから発売されているベッド専用香水。妻が購入し、私はまんまとハマってしまいました。

彼が近づいて耳元で『いい香り…たまらない』ベッド専用香水を試してみる>>

口コミ

リビドー ロゼ2018、ずっと気になっていました。でも、なかなか踏み切れず…何度も皆さんの感想を見て、思いきって購入。

最初のうちは、特に変化がなく「やっぱり私にはムリなのかな~」と思っていました。が!ある時から、職場では男性に声をかけられる事が増え、たまたまかなぁと思っていると、旦那には「最近、色気って言うか…フェロモンが半端無い!毎日でも抱きたい!」と言われました!

普段、そういう事を言わない人なので、ビックリしました。寝る時に、胸元と太ももに1プッシュ…いつもより長く愛撫されて、お互いにとても気持ち良くなる事が出来ました。いつもは、短時間で終わるので…これは、リビドー ロゼのおかげですね!ありがとうございました!

視覚に訴える

男性は視覚で興奮する生き物だと言われています。

目に刺激的なものが映ると雰囲気にのまれがちなので、映画はオススメのアイテムかと思います。

次の記事で、いちゃいちゃしたい時のおすすめ映画をご紹介していますので参考にしてみてください。

2人で見るといい雰囲気に、イチャイチャしたい時に見る映画10選

子供がいない環境を作る

子供がいると、寝ていてもどうしてもそういう雰囲気になれない。

そう考える男性も多い気がします。

私自身もなんだか気持ちが乗らない方です。

子供は誰かに預けて二人で違う環境へお出かけするのも良い方法だと思います。

我が家ではKIDSLINEを利用して月に1回、3時間の二人きりを作るようにしています。

キッズラインクーポンをどうぞ|初回2時間無料で体験する方法&体験レビュー

出産後のことも含め、改めて考えてみよう

妊活はよく「ゴールの見えないマラソン」と言われています。

現実的なところで言うと、長期化するとそれだけ費用もかさむことになります。

男性は非協力的で、拒否的で楽観的。女性は一生懸命して頑張って疲弊。

このような状況がずっと続くとなると、夫婦の形さえも壊れてしまうことになりかねません。

妊活に非協力的な男性は育児にも非協力的ということも言われています。

夫婦で協力して妊活に望めない場合、その後の子育てはうまく行くのか?この人との子育てで大丈夫なのか?

もう一度考え直してみる必要があるかもしれませんね。

深い悩み、全てが当てはまらないかもしれませんが、一男性として意見を書かせていただきました。

お二人の関係が改善されることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です