管理栄養士がアドバイス|頑張りすぎない妊娠糖尿病の栄養管理

妊娠糖尿病の検査に引っかかった。妊娠糖尿病と診断されてしまった。今度栄養管理の為に病院へ行くことになった。

順調だと思っていた妊娠で、いきなりの病名宣告。ドキドキしてしまいますよね?

妊娠することによって、お母さんの身体は様々なマイナートラブルが起きやすくなっています。

今回は妊娠特有の病気「妊娠糖尿病」についてお話しさせて頂きたいと思います。

元気な赤ちゃんを産むために、ママが頑張りすぎずしっかり栄養管理ができるよう、できるだけわかりやすくお伝えしていきますね。

妊娠糖尿病とは?

「妊娠糖尿病」とは、妊娠してから初めて「糖尿病」と診断された場合の糖代謝異常のことを言います。

妊娠前からすでに糖尿病であったり、妊娠中に「明らかに糖尿病」と診断された場合は妊娠糖尿病ではなく、生活習慣性の「糖尿病」と診断されますので妊娠糖尿病には含まれません。

割合としては妊婦全体の12%の方が発症しており、主な原因はホルモンバランスの変化によるものとされています。

妊娠糖尿病になるとどうなるの?

妊娠糖尿病は母体だけでなく、お腹にいる赤ちゃんにも影響のある病気です。

お母さんが高血糖だと、お腹の赤ちゃんも高血糖になってしまい、様々な合併症を起こしてしまいます。

主な症状の一例を挙げさせていただきます。

母体

妊娠高血圧症、羊水量異常、難産、網膜症、腎症 等

赤ちゃん

流産、形態異常、巨大児、心臓肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸、胎児死亡 等

妊娠糖尿病になってしまったら、何に気をつければいいの?

妊娠糖尿病になってしまった場合、治療として特に気をつけなければならないのが”血糖値”になり、この”血糖値”を管理することが重要となります。

数値としては、食前100㎎/dl未満、食後2時間120㎎/dl未満を目標に管理をしていきます。

食事療法、栄養管理が大切

妊娠中であるため、治療は運動よりも食事や栄養管理を中心に改善していきます。

まずは日々の食事管理をしっかりと行うことが大切です。

3食の食事を4〜6回に分割したり、炭水化物割合を減らしたりといった方法を中心に栄養士からアドバイスがあると思います。

かかりつけ医で管理栄養士から栄養指導を受けましょう

妊娠糖尿病の診断がされた場合、かかりつけ医で管理栄養士からの栄養指導が行われます。

これは、妊婦の現在の体重、生活習慣、妊娠の経過などによって栄養管理の計画がそれぞれ異なる為です。

この記事では一般的な対処法をご案内していきます。

が、あなたにとって最適な栄養管理についてお話ししてくださるのはかかりつけ医の栄養士さんです。よく話を聞き、アドバイスを生かした生活を送るように心がけてくださいね。

つわりの時期はどうしたら?

妊婦さんにとって一番つらく、大変な時期が”つわり”です。このつわりには2種類あり、空腹になると気分が悪くなる”食べづわり”と食べることができなかったり、吐いてしまったりする”吐きづわり”があります。

食べづわりの場合

  • 1日の総摂取カロリーを守りましょう
  • 栄養バランスに気をつけましょう
  • 食事を4〜6回に分けて摂ることで空腹時間を無くしましょう
  • 野菜などでかさましし、カロリーコントロールをしましょう
  • おやつを寒天ゼリーや低カロリーのものにするなど工夫しましょう

吐きづわりの場合

  • 無理せず食べられるものを摂るようにしましょう
  • 固形物よりも飲みやすく、栄養価の高い野菜ジュースはおすすめです

量を減らすのが辛い時は?

妊娠糖尿病の治療に最も重要な事は、「血糖値の管理」という事は先にお話ししましたね。

ですので、血糖値を上げすぎたり急上昇させないことが大切になります。

  • 野菜やこんにゃくなどのかさまし食材を使いボリュームUP
  • 1日の食事を4〜6回に分食する
  • おやつを上手に取り入れることで空腹を避ける

上記のような工夫で緩やかに血糖値を上げることができます。

暴食衝動が起こらないよう、普段から血糖値とうまく付き合っていきましょう。

管理栄養士からアドバイス

妊娠糖尿病の栄養管理では、基本的に間食、減塩、炭水化物3点の管理指導を行います。

間食

大体100〜200kcalを目安に低カロリーのものを選びましょう。

完食におすすめ食材
フルーツ

ヨーグルト

ゼリー

野菜ジュース

煮干し

小さめのおにぎり

ブドウ糖キャンディー

減塩

普段の生活では、知らず知らずのうちに塩分を多く摂りすぎてしまっています。

少しの工夫で大幅に改善することができますので、以下のことに気をつけて生活してみましょう。

減塩の工夫

出汁をよく効かせること

レモンや七味唐辛子、生姜、しそなど刺激のある食材でアクセントを

麺類の汁物は残す

ドレッシングはかけずに付けて食べる工夫を

炭水化物

妊娠中はブドウ糖や栄養が赤ちゃんに優先的に使われるため、特に炭水化物摂取が多くなりがちです。

炭水化物は特に血糖値を挙げやすい食材と言われています。摂取には注意が必要です。

減らすコツとしては、おかずの量を増やすことです。

少量のおかずを少なくとも3品用意し、その分の主食を減らすようにしましょう。

簡単に用意できるおかず

納豆

もずく

冷奴

サラダ

漬物

ピクルス

その他できる心がけでは以下のものが挙げられます。

よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んでゆっくり食べることで自然と満腹感を得られます。

主菜の食材はローカロリーな物にする

脂身の少ない肉や魚を選んだり、取り除くだけでも随分カロリーを抑えることができます。

低カロリーなかさ増し食材を使う

もやしや葉物類、こんにゃくやきのこ類などを取り入れることで量を食べてもカロリーが抑えられるだけでなく、食べ応えもあるため満足感があるのでおすすめです。

食事の際は温かい飲み物を一緒に

温かい飲み物を食事の際一緒に摂ることで身体も温まり、水分補給にもなり、自然と満足のいく食事ができます。

妊娠期間中、無理せず続けられる工夫が大切です

妊娠糖尿病は妊娠期間中のみの病と思われがちですが、きちんと栄養管理、血糖管理を行わないと、後々の人生に悪影響を及ぼす可能性のある、注意しなければならない病気です。

好きなものを好きなだけ食べられないストレスは大変なものだと思いますが、赤ちゃんとご自身の健康のために、無理せずできることから取り組んでいきましょう。

この記事が、ママのお役に立てていれば幸いです。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です