Famm無料撮影会のご案内|3万円相当のプロカメラマン撮影が無料

子育て講座で学んだこと〜ダメ・がんばれ・はやくを言わない穏やかな子育てができるといいな

先日保育園が主催する子育て講座へ参加をしてきました。

ちょうど下の子が産まれ、2人育児に突入した時で、私自身悩むところがたくさんありましたので、子育てについて相談するとても良い機会になりました。

今回の講座で学んだことが、他のママにとっても有益な情報になるのではないか?と感じましたので、少しこのブログでも紹介させていただきたいと思います。

◯◯しなさい!はやく!ダメ!がんばれ!

言いますよね。

私も言います。

これを言い換えてみましょう。というワークショップをやりました。

まだ宿題やってないの?はやくやりなさい!

→ママは宿題終わらせた方がいいと思うよ。いつはじめる予定なの?

保育園間に合わないから!はやく着替えて!

→ママはこのままだと間に合わないと思うよ。10時に着くにはどうしたらいいかな?

仲良く遊ばないとダメだからね!

→ママ、仲良く遊んでくれると嬉しいな。

お家まで抱っこしないよ。がんばれ!

→がんばってるね。ママ、歩いてくれて助かるな。

YouではなくIを主語にして話す

本人の気持ちをママの勝手な気持ちに置き換えて、押し付けるのは、あまり子供にとって気持ちのいいものではない。という考え方です。

つい、声に出してしまいそうになった時、ぐっとこらえて、一度考え直して話すようにしてみました。

私の場合、イライラした気持ちも一緒に抑えられ、実践してみて、穏やかな時間が増えたな。と感じています。

甘えと甘やかしの違い

3際までに甘やかしはない。

だんだんと大人の言っていることが理解できるようになり、言葉も少しずつ出てくると、つい、わかってるでしょ!できるでしょ!なんでそんなことするの!という気持ちになりがちですよね。

でも、3歳までの行動は、ママを困らせようと思ってわざとやっている行動ではない。

と理解して良いそうです。

 

なんでママが困ることをするのか考えてみよう

「ダメなことだとわかっていて、怒られることだとわかっていて、ワザとやっている行動だと思う?」

そう言われて、確かに2歳半の息子には当てはまらないなと感じました。

ではなぜ子供達はママの嫌がることを繰り返すのか?

こぼしちゃダメって言ってるのに水をこぼす

→ママの見ていない時にこぼす。水をこぼすとママがきてくれる。ママにかまってほしい。のでは?

靴を自分で脱げるはずなのに「ママやって」と言われる

→これは甘え。ちゃんと自分で「甘えたい。」と伝えているのだから甘えさせてあげればOK。

ママを困らせるのはかまってほしいサイン?

9歳までは思いっきり甘えさせてあげて。ママが付き離さなくても、時期が来れば自分からちゃんと離れて行くから大丈夫。とのこと。

いろいろママの困ったエピソードを聞きましたが、「なんでそんなことするんだろう?」を考えてみると、ママに見てほしい。ママにかまってほしい。ママにこっちにきてほしい。

そんな気持ちに気づくことができました。

愛情を行動で示すのはいくらでもOK モノを買い与えるのはダメ

小さい子供にも、共通してしないほうがいいこと。

モノをたくさん買い与えること。

買うつもりのないものについて、ほしいと言われた時は、「買わないよ。いらないよ。」を貫き通しましょう。

大きな声で怒る必要はありません。

引き算より足し算 いいエピソードは本人の前で4回褒める

親の理想像を頭に浮かべると、これもできない、あれもできない。うちの子はダメだ。となりがちです。

でも、できないことを数えるよりも、できることを数えた方がプラスに働くと思いませんか?

嬉しいことがあった時、最低4回は褒めてあげましょう

その場で褒める、人前で褒める、1日の終わりに褒める、同じ場面で褒める。

特に人前では何度でも褒めてあげるといいそうです。

「パパ、◯◯ちゃんがね、今日ママにお花をプレゼントしてくれたんだよ。優しいんだよね」という風にです。

人前で怒ってはいけない

とってもプライドが傷つきます。

ママだって、会社で大勢の前で大きな声で怒られたらいやですよね?

その場を離れ、どうしてそうなってしまったのか?何がいけなかったのか?怒鳴らないで話しましょう。

ありがとう助かったよ。と言える機会をつくる

2歳を超えると自分で!という気持ちも出てきます。

簡単なお手伝いを頼むいい機会です。

誰かの助けになった。ありがとうと言ってもらえた。という経験から、自分が必要とされていると感じることができます。

「ゴミを捨ててきてくれる?」

「ティッシュをとってくれる?」

という簡単なモノでOKなので、「ありがとう助かったよ」と言える機会をママ自ら作ってみましょう。

注意
子供にいやだと返されることもあると思います。その時は無理にやらせず、「そうか。わかった。じゃあまた今度お願いしてもいいかな?」と答えておきましょう。怒ってはいけません。

与えるというのは、たくさん持っている人から持っていない人へ移行されること

毎日毎日、子供の世話、家事、仕事。やりたいことも満足に片付けられず、自分の楽しみにも時間を使うことができず、イライラしてしまうこともありますよね?

子供に対して、今日書いたように常に接することができるか?といったら、理想通りいかないことも多いと思います。

でも、無理に甘やかしと思って厳しくしなくてもいいんだな。イライラしないためには一呼吸が必要なんだな。

そんな小さな気づきがこの記事で見つかって、明日からのママの生活に少しだけでも良い影響があったらいいな。そんな風に感じています。

与える。というのは、持っている人にしかできないこと。だそうです。

たしかに。

たくさんの経験と、たくさんの知識、たくさんの愛情、大人がもっている、親からもらった宝物を、今度は子供達に。

私もまた明日から、子育てがんばります。

また子育て講座、機会があったら受けに行きたいです。では、おやすみなさい〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です